精選文章

我,投入慰安婦問題的契機

  國中、高中歷史課本上一定都會提到這段時代背景下的故事,「慰安婦」是時代的產物,「戰爭性暴力」也是一直到今天都還存在於世界上的角落,婦女、孩童等生活在社會底層的人民往往都會是損失最慘重、無端被波及到的一群人。從課堂上,我們學到了台灣「慰安婦」阿嬤在當時多半是以招募食堂女服務...

2017-11-24

2017.11.17《NHK》兵庫・寶塚提供職員「同性伴侶」結婚禮金

2017.11.17《NHK》同性カップルの“結婚”届け出た職員に祝い金 兵庫 宝塚
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227341000.html

同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認める制度を導入している兵庫県宝塚市が、こうした関係を届け出た市の職員に対し、結婚祝い金を給付する制度を始めました。
引進同性伴侶制度「相當於婚姻關係」的兵庫縣寶塚市,對於交付同性伴侶關係的市政府職員將提供結婚禮金。

兵庫県宝塚市は去年6月、性的少数者を支援しようと、同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認め、「パートナーシップ証明書」を発行する制度を、全国の自治体で4番目に導入しました。
兵庫縣寶塚市自去年六月起,除了提供性少數者支援,也承認同性伴侶「相當於婚姻關係」並發行「伴侶證明書」,成為日本國內第四個引進同性伴侶制度的地方自治體。

こうした支援をさらに推し進めようと、宝塚市は今月から「パートナーシップ証明書」などを提出した職員に対し、異性との結婚の場合と同様に結婚祝い金5万円を給付する制度を始めました。
為了要推廣這樣的支援(對同性伴侶的支持),寶塚市從這個月起,針對提出「伴侶證明書」的市政府職員,比照和異性結婚的職員給予的日幣五萬元結婚禮金。

宝塚市は「職員の誰もが平等に福利厚生を受けられるよう制度を設けた。性的少数者がさらに暮らしやすい環境づくりにつなげたい」としています。
寶塚市政府表示:「設置了對於職員不分你我皆平等的社會福利制度,希望能創造讓性少數者能夠住得更舒適的環境」。

ほかの自治体では
反觀其他的地方自治體

性的少数者の職員への結婚祝い金の給付は、東京・世田谷区や豊島区、それに千葉市や那覇市などでも行われるなど少しずつ広がっていて、一部の自治体では実際に祝い金を給付したケースもあるということです。
提供性少數者的職員結婚禮金的有東京世田谷區、豐島區和千葉市、那霸市等,雖然為數不多但有漸漸推廣出去,部分的地方自治體也傳出有給付禮金的例子。

2017.11.23《NHK》大阪市因少女像問題將和舊金山市取消姊妹市締約

大阪市 少女像問題でサンフランシスコとの姉妹都市解消へ
11月23日 19時03分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171123/k10011233391000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

大阪市の吉村市長は、アメリカ・サンフランシスコの市長が慰安婦問題を象徴する少女像などの寄贈の受け入れを承認したことを受けて、「姉妹都市の信頼関係は消滅した」とするコメントを発表し、姉妹都市を解消する考えを示しました。
針對美國舊金山的市長承認已接受寄贈象徵慰安婦問題的少女像一事,大阪市的吉村市長發表了:「(如此一來)消滅了姊妹市之間的信賴關係」的評價,顯示出其欲解除雙邊姊妹市的締約。

大阪市の姉妹都市のアメリカ・サンフランシスコの市議会は、今月14日、中国系アメリカ人の団体から慰安婦問題を象徴する少女像などの市への寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決しました。
大阪市的姊妹市美國舊金山的市議會於這個月14號的會議上,全市議會一致通過是否接收來自華僑美國人團體寄贈、象徵慰安婦問題的少女像的決議案。

サンフランシスコのリー市長は10日以内に拒否権を行使することが可能でしたが、22日、寄贈の受け入れを承認しました。
舊金山市市長李孟賢(Edwin M. Lee)得以於(決議案通過的)十天內行使否決權,但22號李市長認可了這項寄贈。

これについて、大阪市の吉村市長は23日、コメントを発表し、「リー市長に思慮深い対応、ひいては拒否権の行使を要請してきたが大変遺憾だ」としています。
對此,大阪市的吉村市長於23號發表了:「曾希望李市長能夠深思,也建議應行使否決權,對於這樣的結果感到十分遺憾」的評論。

そのうえで、「姉妹都市は強固な信頼関係に基づくものと理解しており、リー市長の行動により大阪市とサンフランシスコ市との姉妹都市の信頼関係は消滅した。今後、姉妹都市解消に向けた内部手続きを行い、来月中には手続きを完了させたい」として、サンフランシスコとの姉妹都市を解消する考えを示しました。
也提及「姊妹市應是立基於堅韌的信賴關係,李市長這次的舉動已經消滅了大阪市和舊金山市之間的姊妹市信賴關係。今後將朝著取消姊妹市締約的內部行政手續,預計於下個月中完成」,展現其欲解除和舊金山市之間的姊妹市締約。

2017-11-23

2017.11.23《朝日新聞》自民黨・竹下亘「反對宮中晚餐會有同性伴侶出席」

2017.11.23《朝日新聞》「宮中晩餐会の同性パートナー出席、反対」自民・竹下氏
http://digital.asahi.com/articles/ASKCR52GFKCRUTFK006.html

写真・図版
講演する自民党の竹下亘総務会長=23日、岐阜市の岐阜産業会館、又吉俊充撮影
圖片說明:自民黨的竹下亘總務會長=23日、岐阜市岐阜產業會館,又吉俊充攝影

 自民党の竹下亘総務会長は23日、天皇、皇后両陛下が国賓を迎えて開く宮中晩餐(ばんさん)会をめぐり、「(国賓の)パートナーが同性だった場合、私は(晩餐会への出席には)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」と述べた。岐阜市内で開かれた党支部パーティーの講演で語った。
自民黨的竹下亘總務會長於23號在岐阜市內舉行的黨支部派對演講中,針對天皇、皇后陛下為迎接外賓即將舉辦的「宮中晚餐會」表示:「如果(外賓的)伴侶是同性的情況下,我反對(出席晚餐會)。我認為這和日本國內的傳統相左」

 竹下氏は講演で、宮中晩餐会への異性同士の出席について、オランド前仏大統領が来日した際に事実婚相手の女性を伴ったことに言及。「奥さんではないパートナーだという女性が天皇、皇后両陛下と並んで座るわけだから、どう対応しようかと宮内庁は悩んだ」と指摘した。
竹下在演講中,關於宮中晚餐會異性伴侶的出席提到了前法國總統歐蘭德(François Gérard Georges Nicolas Hollande)先前訪日時由「事實婚」女友相伴,指責:「陪同的不是妻子而是伴侶,又和天皇、皇后陛下並排而坐,讓宮內廳很困擾該如何是好」。

 そのうえで同性同士のケースに触れ、「そのパートナーが同性だった場合、どう対応するか。日本国として必ず近い将来、突きつけられる課題ではないか」と述べた。
在此同時也提及:「如果這個伴侶是同性的情況下,又該如何好?日本國在不遠的將來勢必會面臨這個課題,不是如此嗎?」。

熱門文章